2016/12/01 17:09

塗滴2016.11.02 縮小する一方の需要、収益性の低下・・・

縮小する一方の需要、収益性の低下、流通の中抜き、そして人材難。業界を構成するいわゆる製・販・装の中でも特に販=塗料販売業の経営環境はより厳しい。この2~3年、30~40代の若手経営者にバトンタッチする傾向が目立っているが、若手であるがゆえに現状の閉塞感と将来への不安は一層強い▲塗料販売業の全国的な青年部設立へ向けた動きが始まっている。今月11日、東京塗料会館で「全国青年次世代交流会」と銘打った会合が初めて開催され、全国横断的な青年部設立が具体化する。この世代共有の危機意識を基点に50名以上の参加が見込まれているという▲米穀小売業、いわゆるお米屋さんの組合が推進している制度に「お米マイスター」なるものがある。正しい米選びや美味しい食べ方のアドバイスができるお米のプロを育てることで、スーパーマーケットではなく米穀店で買ってもらえるよう仕向ける取り組み。その塗料版「塗料マイスター」の確立に向けた動きも青年部のテーマにある▲塗料という商材を深く、正しく知り、本当に自信を持って売ることができているか。材料に触ったこともなく単に商品としてトレードしているだけという営業マンも少なくない。これまで欠けていた「塗料のプロ」の意識と実力を真に備えておくことは今後の市況への絶対条件(K)