2017/03/24 17:00

第104回:五月天武道館ライブ&東方神起フィルムコンサート

お久しぶりです。2月上旬にインフルエンザA型にかかり、その影響なのか鎮痛剤の副作用なのか分かりませんが前庭神経炎(たぶん)で激しいめまいが起き、その後いつもの良性発作性頭位めまい症も発症し、治まったと思ったらふわふわするめまいが始まって、気づいたらデコルテあたりに大量の吹き出物もできていて、老いを実感するこのごろです。10年前くらいにインフルエンザにかかったときはあっさり回復したように記憶しているのですが、歳をとると簡単には治りませんねぇ。私の体力がないだけでしょうか。

※今回も塗料・塗装には全く関係のないコラムです。塗料・塗装に関するものは塗滴彩事記をどうぞ。

☆☆☆☆☆

2月4日は台湾のバンド・メイデイ(五月天)の「Re:DNA ~2017 復刻版~」武道館ライブに行ってきました。日本でのアルバム発売が遅かったので台湾盤を買わなかった私は予習があまりできず、気持ちも盛り上がらないまま平常心で参加したのにとても楽しかったです。昔の曲も多めでちょっと忘れてるのもありましたが、五月天にはまりはじめた頃の気持ちを思い出しました。

あいかわらず5人が仲良くじゃれあっているのもいいんですよねぇ。MC中、スクリーンに翻訳機(人力)が訳した「五月天很大」と出ると嬉しそうにその前に集まって「スチールカメラさん!今!写真撮って!」ってキャッキャしてるんですよ。中華圏では誰でも知ってるスーパーバンドなのに。名実ともに很大なのに。そういうところが愛されているんだなぁと改めて実感しました。

この日はゲストに「Song for you」の作詞をしたポルノグラフィティの岡野さんが来ていて、Song for youを「めっちゃいい曲!」と絶賛していたのですが、作曲をしたモンスター(怪獣)がほんとに嬉しそうで、ボーカルのアシン(阿信)が嫉妬してたのがとてもかわいかったです。このときに歌った「Song for you」の映像がPVになっています。

メイデイとポルノグラフィティは1999年にデビューしててキャリアが同じなんですよという話をしていました。私も1999年からコーティングメディア(当時は日本塗料新聞社)で社会人として働き始めたので私も同期です!仲間!
maydaybudokan2.JPG

☆☆☆☆☆

3月19日には「TOHOSHINKI FILM CONCERT 2017 ~TILL 2~」を見てきました。さっき書いたようにインフルエンザからのめまいに悩まされていたため参加するかどうか迷いましたが、どうにか落ち着いたので行くことにしました。しばらく東方神起のことを気にせずに過ごしていたので、何の期待もせず「幕張遠いなぁ」とぼんやり向かったのですが、前回のフィルムコンサートよりもパワーアップしててすごく楽しかったです。迷っているなら行くことを強くオススメします。そしてグッズのブレスライトがとても楽しいので買うといいと思います。ユノもチャンミンも軍や警察でステージに立っているので姿を見れなくて寂しいと感じることはあまりないのですが、やはり芸能活動ではないので100%の状態ではなくなんとなく物足りなく感じていたところに、このフィルムコンサートで100%の2人を見たので「これよ!私が見たかったのはッッ!」と燃え上がる気持ちを思い出しました。どのコンサートもDVDになっているので見たことあるものが多いのですが、大きい画面で改めてみると新たな発見もあります。しかし久しぶりすぎてペンライト持っていくの忘れたし掛け声も忘れかけているので、2人の帰還に向けて気を引き締めないと!

tohotill2.jpeg