2016/08/10 13:07

前年増も低調感ぬぐえず 平成28年5月出荷

5月の塗料出荷は数量ベースで対前年同月比5.2%増の13万6,136トン、金額ベースで4.4%増の522億3,000万円となった。昨年は消費税増税に伴う駆け込み需要の反動減に見舞われた分がプラス要因になったと見られる。
品目別では、その他塗料(123.3%)、水性樹脂系(118.1%)、アミノアルキド(111.8%)が2ケタの伸長。一方、船底塗料(81.2%)、アルキドさび止(91.7%)、電気絶縁塗料(96.6%)が減少。粉体塗料も低調に推移した。
平均キロ単価は99.2%の384円。在庫量は9万6,607トン。
純出荷は数量ベースで6.9%増の11万9,516トン、金額ベースで4.0%増の451億1,600万円となった。