2016/09/20 09:24

オリンピック関連需要に期待 シモダ緑友会・彩友会

シモダ(本社・東京、社長・下田裕治氏)は8月24日、ホテルニューオータニで「緑友会・彩友会講演会と納涼の夕べ」を開催した。
冒頭であいさつに立った下田社長は
直前に閉幕したリオデジャネイロオリンピックでの日本の活躍に触れ「興奮と喜び、感動に包まれた心地よい時間を共有できたのではないかと思います。東京オリンピックへ向けてこの高揚した気持ち、雰囲気が維持され、オリンピック需要、観光立国としての建物の維持保全、リニューアル需要に期待したいところです。まもなくスタートする秋の緑友会の研修会をより充実した内容にするとともに、今後も信頼される価値のある存在感のある専門商社としてますます磨きをかけていきます」と抱負を述べた。
今回の講演会では淑徳大学教授の北野大氏が「北野家の訓え」と題して講演を行った。
北野大さんはタレントで映画監督の北野武さんの実兄で、父親が塗装職人であったことから業界的にも親しみのある存在。勉強だけでなくそれ以上に人間としての在り方に重きをおいた母親・さきさんの教え、そして自身の人生観を中心に北野家に流れる教育論を展開。北野武さんのエピソードなどを交えたユーモアたっぷりの講演を参加者は聞き入った。
その後納涼会に移り、彩友会会長の福井正郎氏(スズカファイン)が開会あいさつ、大場博之氏(メーコー)の発声で乾杯、懇親に移った。

20160907-2-2.JPG

下田社長

20160907-2-3.JPG
北野大さん

関連記事

powered by weblio