2016/12/26 11:46

建築、船舶の落ち込み際立つ 10月業況観測

日本塗料工業会は平成28年10月の業況観測アンケートをまとめた。販売シェアを加味した前年同月比指数計算値は金額92.2%、数量93.6%となり、2カ月連続で前年を下回った。
出荷金額は575億円、出荷数量は15万4,000トン(いずれも推定値)。需要分野別では、建築90.3%、自動車99.0%、船舶・構造物87.4%、電気・機械・金属94.3%、木工96.4%となった。
11月見込みは金額99.8%、数量99.9%。

関連記事

powered by weblio