2017/03/09 09:55

工業塗料分野が前年並み ロックペイント

ロックペイントの平成29年3月期第3四半期の業績は、売上高184億3,500万円(0.9%減)、営業利益15億5,800万円(70.3%増)、経常利益19億5,600万円(56.3%増)、四半期純利益13億3,400万円(62.8%増)となった。
自動車補修用塗料は大型車両分野が堅調に推移したが、自動車保険の等級制度改定による修理入庫数減少の影響で売上高は前年を下回った。また、建築塗料分野と家庭塗料分野でも市況の冷え込みが厳しく前年を下回った。一方、工業塗料分野は環境対応品の粉体塗料を中心に新規需要を獲得した。
通期の業績は、売上高255億円(3.7%増)、営業利益18億円(40.4%増)、経常利益19億円(20.4%増)、当期純利益12億円(26.9%増)を見込む。

関連記事

powered by weblio