2017/03/13 10:42

山小屋風・木造倉庫新設 カラーワークス リニューアルへ

20170301-2-1.JPGカラーワークス(社長・秋山秀樹氏)は本社を置くファクトリー&ショールーム(神奈川県大和市)及びパレットショールーム(東京都東神田)の建屋のリニューアルを図る。ストック機能の拡充に加え、ワークショップスペースを拡張し、カラープレゼンテーションを活発化させる。
現在、同社の扱う輸入塗料「ファロー&ボール」などの販売が拡大しており、ファクトリー&ショールームと外部倉庫にストックしているが、ストック機能が不十分であった。このため、同敷地内に新たな倉庫を新設。2階建ての木造構造で外装には同社の扱う木部塗料で塗り分けられ、一見倉庫のイメージではなく、大きな山小屋風。2階には約20名を収容できるワークショップ・研修スペースを設けた。
「パレットショールームでのワークショップは少人数制なので、要望が多いワークショップをファクトリーでも開催していきたい」(秋山社長)。
同時にファクトリーはショールームを一新し、展示方法を変更した。ショップコーナーを設けた他、ファロー&ボールウォールペーパーの大型見本デザインラックを造作し、インパクトのある展示に工夫を凝らした。
都心にあるパレットショールームも全面リニューアルに入る。テナントに出していた1階スペースをファロー&ボールの路面店とし、2階をオリジナルブランド「HIP」のコーナーにするなど、開設6年目を迎え、大きく変身させる。オープンは今春を予定する。
(写真:新設の倉庫)

関連記事

powered by weblio