2017/04/07 16:06

金属及び外装建材向けが好調 ナトコ 第1四半期業績

ナトコの平成29年10月期第1四半期業績は売上高36億4,400万円(1.4%増)、営業利益2億8,900万円(27.3%増)、経常利益3億7,700万円(106.4%増)、四半期純利益2億3,800万円(173.6%増)となった。
金属用塗料は環境対応型製品の需要が堅調に推移し売上高は増加、外装建材用塗料も大手ユーザー向けが堅調に推移した。一方、内装建材用塗料は無塗装フローリング製品の増加の影響で、売上高は減少した。
その結果、塗料事業の売上高は4.2%増の24億5,800万円、利益は31.3%増の3億2,800万円となった。
また、ファインケミカル事業は電子材料向けコーティング剤やスマートフォン向け製品が不調となった結果、売上高は13.3%減の2億7,400万円、利益は100万円となった。
通期業績は売上高154億円(3.7%増)、営業利益12億3,000万円(3.6%増)、経常利益12億5,000万円(26.5%増)、当期純利益8億円(33.6%増)を見込んでいる。

関連記事

powered by weblio