インターネットで販売されている塗料の価格相場が一目で分かる有料WEBサイト「OK-KAKAKU」(オーケーカカク)が12月1日に正式リリースされた。塗料販売店と協業し、岡山県のサイト開発会社が開発。任意の製品を入力すると過去30日間にわたる当該製品の平均価格、最高価格、最低価格などが分かる仕組みで「相場情報を提供することで、安売り競争に歯止めがかかり、適正販売に寄与できると考えている」(開発担当者)と説明する。

主に塗料販売店向けサービスとして展開する意向で、塗装副資材などの販売を手がけるエターゴ(本社・埼玉県三郷市、社長・藤田義成氏)が販売を行う。

インターネット塗料ショップの増加に伴い、人気製品においては、既存商流の販売価格を下回るケースが生じるなど、塗料の価格競争を一段と激しくしている側面がある。

こうした状況を改善する方策として立ち上げたのが「OK-KAKAKU」。販売側が塗料相場をタイムリーに把握し、適正価格での販売を支援し、更に瞬時に相場が分かるため、値付けなど価格調査のための労力を軽減するメリットがある。

システムとしては、約7万製品を対象に塗料を販売している販売サイトを巡回し、調査対象製品に対し直近30日間による平均価格、最高価格、最低価格を計算し、表示する。容量も絞り込めるなど、精度を確保した。

最高及び最低価格のショップをサイト内で特定する機能はないものの、即座に安価販売の実態が明らかになるため「抑止力になる」(開発者)との見方を示す。

塗料の価格調査においては、既に公開しているサイトでも可能だが、いずれも購買者を対象にしたサービスで対象製品も登録製品に限られるなどの制約がある。これに対し「OK-KAKAKU」は、国内主要のショッピングモールや個別サイトなど網羅性が高いことが特徴。また30日間の推移を見ることで、価格の動きやすい製品、動きにくい製品など流通量を把握する目安になり、販売製品の差別化にも応用できるという。

この他、情報サービスとして、天気情報やニュースを配信するなど、「利用者に不可欠なツールにしていきたい」と随時リニューアルを続けていく意向を示す。

利用料は、初回登録金1万9,800円、月額3万5,000円、年間契約35万円(いずれも税別)。現在、利用検討のためのテスト用サイトを運用中。テスト用URL、パスワードはエターゴが配布する。

問い合わせ先TEL.090-5216-7864、メールfujita18@eter-go.com(担当・藤田氏)